ファムズベビー、痒いのには効果ありません

赤ちゃんのアセモや、乾燥、放っておいてもいいのかしら?という思いがありました。

しかし、赤ちゃんは、「痒いよ。」「痛いよ。」と言う事ができません。ちょっとケアしてあげるだけで、お肌は改善しますが、何もしなければどんどん悪化してしまいます。ちょとアセモかしら、乾燥かしら、というタイミングで素早くケアをしてあげましょう。赤ちゃんは、言葉で言う事が出来ないだけで、辛い思いをしている可能性があるのです。

アセモには、汗を優しく拭き取ってあげたり、お湯で流してお肌の清潔を保ってあげる事が大切です。そして、できてしまった湿疹には、アセモに対応しているかゆみ止のクリームが効果的です。ファムズベビーを普段から使っていますが、痒いのには効果ありませんでした。

しっかりと湿疹になり、中々治らない場合には、皮膚科を受診しましょう。小児科で処方されるよりも的確に治りやすい薬が処方されますので、治りが早い可能性が大きいのです。そして、乾燥が気になる季節には、オリーブオイルなどを肌に優しくつけてあげましょう。ひどくなる前に、ちょっとつけてあげるだけで、お肌を健康に保つことができます。

赤ちゃんのお肌は大人よりもとても薄くてデリケートです。乾燥や、汗にはとても弱いのです。

二歳を超える頃になりますと、少しづつ肌も強くなってきますから、三歳までは、大切にケアして労わってあげましょう。

思いやる心が、赤ちゃんのお肌を守る大切なポイントと言えるでしょう。正しいケアで、健康な肌を保てるように、心配事がありましたらドクターに相談しましょう。